大阪市浪速区で胃透視・注腸検査をレントゲン検査(近接法)で行い、早期発見・早期治療に努めています。

HOME > 医院の特徴 > 検査

医院の特徴

  • 治療(診療科目)
  • 検査
  • リハビリ

小池クリニックでは、胃や腸にできた1cm以下の小さな腫瘍(癌)の発見を目指した、当院独自の近接法による胃透視・注腸検査や、肝硬変や乳がん、動脈硬化など発見のための超音波エコー検査、不整脈や虚血性心疾患診断のためのホルター心電図検査など、早期発見・早期治療を目指した検査を行なっています。少しでも気になることのある方は、お問合せください。
より詳しい検査や専門的な治療が必要な場合は、専門医院等へのご紹介も行なっております。

  • 胃透視・注腸検査
  • 超音波エコー検査
  • ホルター心電図検査
  • 経鼻胃内視鏡検査

特徴

携帯型の検査装置を身につけて日常生活を行ない、心電図を記録する検査です。検査中の行動を記録していただいて、解析内容と照らし合わせて診断を行ないます。日常生活での記録を行なうことで、不整脈や狭心症発生時の心電図を捉えることもでき、より正確な診断を行なうことができるものです。

自覚症状と心電図変化の関係
不整脈が出現しているか、出現している場合、その種類と重症度
不整脈の治療薬を服用している場合、その効果について
心筋虚血(心筋への酸素不足)の有無とその重症度
狭心症の治療薬を服用している場合、その効果について
ペースメーカーが正常に作動してるかどうかについて

予約制ご来院時にご予約下さい。

検査に関するお問合せは TEL : 06-6633-9289

TOPページに戻る ページの先頭に戻る